客のいない高島屋を見て我が身を振り返る 問題解決には問題に立ち向かうしかない(言うは易し けど面倒になる)

昨日、休日なのにお客がいないフロアでひたすら「いらっしゃいませ」と店頭で頭を下げ続ける店員さん合計約10名ほどをみて凄く違和感を感じた。

 

これじゃ京都のおたべ人形じゃんか?

これ

www.youtube.com

世の中、人手不足だと言うけどお辞儀って生産性あります?

そりゃ店頭に人形置いておけとは言いませんけど、貴重な労働力に店先に突っ立ってお辞儀させておくだけでいいのかなあ。

お客も正直フロア歩く毎にお辞儀されては申し訳なくて商品見る気になれないですし。

その時間の一部でも、どうやったら客が増えるか考えればいいのに.......

 

多分、専門店からテナント料を取るシステムだから高島屋自体はそこまで考えなくてよくて、専門店は自社の事で手一杯なのかもしれないけど。

だからってこの危機的な状況で専門店間で協力もせずお辞儀だけで客増えますかねえ?

 

 

なんて批判はいくらでもできますけど、

さて自分はを振り返れば、いつも内心びくびくです。

  • 大事件が発生して破綻するんじゃ?
  • 日本経済もまた下向きだしたよね。不景気が来たら終わりだろうな?
  • なんか次の一手考えないとな
  • 人手不足の今はラストチャンス。不景気に備えて会社員に戻っておいたほうがいいんじゃないかな?リーマンショックの頃、喰えなくなった自営の人がこぞって求職活動して撃沈してたのを見てるし...

だいたいこんな考えで頭の中はぐるぐるです。そりゃ毎朝占いしちゃうくらいですからね。

 

話変わって「ブラザーインアームズ」ってゲームが好きで以前ハマってました。

ブラザー イン アームズシリーズ - Wikipedia

 

これに出てくる一つの言葉が好きでした。

「恐怖に打ち勝つには恐怖に立ち向かうしかない」

この言葉、昨日の高島屋で思った事とおなじじゃんと気がついた。

 

そうだ自分が恐れて不安に思っている事を正直に書き出そう。

それぞれに解決策を考えて将来的に無理なのか、行けるのか、解決策を一つづつ検証すれば毎日ハラハラしなくていいんじゃないか?

 

これやってみようと思いました。

なんか直に必要ない事って面倒になっちゃうけど回っている時こそ遊んでないで危機に備えないとだなあと反省しました。

高島屋さんに文句言ってたのに気付きを貰いました。

ありがとうございましたm(_ _ )m