読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道 奥尻島紀行1 主題は奥尻の観光産業活性化

北海道旅行に行って来た。

島の観光協会主催のモニターツアーです。

 

7:50羽田発 JALで函館へ

朝早いんで、電車調べると乗り継ぎが悪く面倒そう。

自宅からタクシーで羽田まで行った。

松戸から羽田まで40分と検索ででたが、配車のおばちゃんが何かあるといけないので一時間半見てと言う。

結果、45分で到着し羽田到着は6時でした。

ま、帰りに北千住からバスが出ている事を知ったのですが。。

まずは松戸の産業活性化に協力だ(゜-゜)

 

関東平野

f:id:o-butean:20161010150146j:plain

 

11:30函館着

奥尻までの飛行機に時間があるため、観光タクシー雇って五稜郭見学へ。

 

タクシーの運転手さん曰く五稜郭は上から見るものらしい。

そこで五稜郭タワーに登って幕末の歴史を学んだ。

f:id:o-butean:20161010145947j:plain

 五稜郭模型

f:id:o-butean:20161010150340j:plain

タワーからの風景

f:id:o-butean:20161010150427j:plain

(おまけ)日本のタワー一覧

f:id:o-butean:20161010152029j:plain

 

少し散策し、五っしーという生き物に遭遇。

f:id:o-butean:20161010150744j:plain

 

www.ehako.com

 

 

12:00 函館発HAC機で奥尻島

飛行機をみて少し心配に。SAAB340Bというサーブ製のプロペラ機

ちょっと不安になる乗客 少し遠巻きに眺める...

f:id:o-butean:20161010151058j:plain

 

ま、OKそうだ(゜-゜)

f:id:o-butean:20161010151307j:plain

 

無事到着し、津波へ。

www.town.okushiri.lg.jp

1993年7月の北海道南西沖地震津波で亡くなった方々の慰霊と記録を展示した博物館です。

あんなに素早く津波が来たら確実に逃げきれないです。まさに自然の脅威。

天皇陛下御製

f:id:o-butean:20161010152415j:plain

モニュメントに黙祷する自衛隊員の皆さん 

f:id:o-butean:20161010152545j:plain

 

奥尻ワイナリー見学へ

okushiri-winery.com

f:id:o-butean:20161010153258j:plain

 

あたしゃ酒、特に発酵酒系は飲めないんですがね。

でもスーパーなんかで安く売ってる飲み口がアッサリしたワインは飲めます。高級なヤツ、特に赤いのはもう酒っぽくて無理。

 

説明を聞いたら、アッサリしたやつはすぐにビンに詰めて樽で熟成してないんですってね。

ようは安く出来る。

「樽」ってのがフランスからの輸入で高いし使うと直ぐに痛むのでコストがかかるそう。

金のかからない体質だって事がわかったな。

樽熟成中

f:id:o-butean:20161010153352j:plain

 

 

その後、島に一軒しかないホテルグリーンビレッジに到着。

他はみんな民宿だそう。

奥尻湯ノ浜温泉ホテル緑館 | 奥尻島観光協会

建物にはグリーンビレッジと書いてあったが、表札には緑館とある(゜-゜)

 

これだけ見ると廃屋ホテルぽいが...

f:id:o-butean:20161010153804j:plain

ビレッジ=村ではないのだろうか..まあ細かい点はいいとして。

外観いい感じです

f:id:o-butean:20161010154202j:plain

 

飯まで暇なので

足湯したり

f:id:o-butean:20161010154530j:plain

 

廃墟巡りしました。

多分'70代ころの公園内オブジェ案内板。錆び錆びで文字も消えてました。

f:id:o-butean:20161010154729j:plain

1970-80年代くらいまでは活気があったのかな。

その頃製作されたらしきオブジェが寂しい感じに残されてました。

 

さびさび

f:id:o-butean:20161010194134j:plain

 

放置されてるのが分かる…遠くにも…

f:id:o-butean:20161010194258j:plain

 

東京とかでも、景気のいい頃はスッポンポンのお姉さん?の彫刻とかいっぱいあったよね。それに近いノリなんかな。

こういうやつ

f:id:o-butean:20161010194014j:plain

 

関東の廃墟と違い本格的に人が居ないため、侘しさたるや半端ない。

 

全体的にグレートーンの中で夕日と赤い実が映える。落ち着きます。

f:id:o-butean:20161010200823j:plain

 

海まで釣りに行った人の情報だとウニやアワビの殻が海岸に転がっていた模様。

こっちのカラスや海鳥は贅沢じゃ。

 

 

18:00夕飯、海産物も野菜も美味すぎ。

三平汁は奥尻が発祥らしい。見た目は普通の野菜汁だけどお代わり3杯した。

 

本日は温泉に入ってこれで終了。

 

温泉のレイアウト、幼稚園入園前におばあちゃんたちと温泉旅行に行った時に入った温泉にそっくり。

場所は覚えてないんだけど、黒っぽい岩だらけで薄暗くて子どもには不気味だった。

今だとそれが風情に感じるんですけども。