【読書】社畜 修羅コーサク

夏休みに読書しました。

連載は知ってましたが手に取る機会がなく纏め読み。もちろん島耕作のパロディです。

修羅コーサクが数々の社畜技を繰り出し、仕事で発生した危機を乗り越えるってストーリー。

社畜としては共感しまくりでした。特に「社畜メモ」

先輩やお客さん、偉い人の話を聞くとき、ノートとシャーペンを持参して頷きながらメモを取る癖、自分も入社してすぐに先輩に教わって以来、今でも現役です。

途中でPCやタブレットにもなりましたが、一生懸命感を表すのはアナログなメモが最強です。

もちろん内容は理解してなくても聞いてるってアピール。これが大事。

 

ストーリーはこれから事件が起きるってところで中断。

最後のほう少しダレ気味だったので無理に連載してつまらなくなる前に終わるのが得策でしょう。

 

よい夏休みでした。