【しごと】努力の方向をただそう

今のプロジェクト、色々と世間に流れるお金というモノが見えてしまう現場です。

 

ま、身も蓋も無い話、

「お金は(使える予算が潤沢)なところにはあり、

(予算が渋い)ところには無い」

 

という基本的な事実に、心底気が付かされる日々、少し黄昏中です。

 

数多の見積もり散々値切られ「今回限りのサービス価格」の無限ループでご提供していましたが.....今回限りどころかリピートは最初の価格が値切りのスタート開始だからね。

 

ところが似たような内容のコンサルティング資料作成でウチらの5倍近以上の見積もりだし、それがスンナリ通っている会社もあるなんて(そういう会社はIT企業とは呼ばれてないが)

晴天の霹靂っすわ ( Д ) ゜ ゜

 

・お客さんのために努力するのは大前提で「自分(とチーム)を高く売る」

・そのためにこちらも「お客様を選ばせていただく」

 

そういう視点が必要なんだなあと ( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪ 

 

めちゃ悟っちゃったから、部門の方針決める会のとき「仕事選ぼうぜ!」(一言で纏めるとだ )と会社に提案した。

 

営業は「それがやりたかった!」と乗ってきたが.........

技術職が乗ってこなかった。特にご高齢マネージャ陣(人のことは言えんが、まあ定年まで大過なく過ごしたいのはわかる)

 

「あんた、カネカネいうけどスキル向上とかさ、出勤日数とか健康管理とかもっと大事なことあるっしょ?」的な反論。

 

いや、スキル向上とか遅刻欠勤しないなんて大前提でさ、この議論の主題じゃ無いんですけど。。。

 

ITの現場は未だ過労死しかなねい残業があるとことはある(ウチは定時退社だが。)最大限の自分の能力を提供する場をどこにするのか?

そこを選ぼうと言ってるんだが。通じないみたいね。

 

ベンチャーだと思って入社した。社長はイケイケだ。自分はベンチャー独特のニオイが好きだ。基本オーナー社長の会社を選んでいる。

 

でも下部組織マネージャは逃げ切り狙いみたい。そこがベンチャーと違うズッコケどころだ。

ま、それなりに良いところもある。お偉方に部門の和を乱すヤツと追っ払われるまで?いるつもり。逃げ切り的発想なのは嫌だね。

でも

儲かる仕事と楽しい仕事って案外イコール。逆も真なりなんだよ。

とにかく儲からず永遠に修行モードだけにはなって欲しく無いものです。