節約も「ハマリ」だとわかった 弁当女子デビューじゃ(浪費家限定 節約のはじめかた)

お金を使いまくった人生でした(人間失格風)

 

時々気分で節約をしたこともありましたが、所詮は生半可

一ヶ月も持ちませんでした。

 

ところが1年前の8月に東陽町の路上で突如、天啓を受け「節約」をはじめました。

f:id:o-butean:20190831102652p:plain

思いついた瞬間こんな感じでした



どーせいつもの戯言。続かないだろうと軽く考えていたら、なんと1周年を迎えることができました。

 

1年経過して分かったのは、

これもハマる趣味の一種ということです。

 

節約と言っても何しろ今まで節約などしたこともない「ど初心者」

節約ブログなどを漁ったのですが、皆さんとても常人には真似できないレベルで節約している。これはヤラセかネタなんじゃないか?との疑念も湧いて読むのやめました。

素人がマイクタイソンと対決するようなもんだよ。死ぬでしょ

 

そこでまずは

 

・現実的な必要経費を事前に予算決めして死守する

 

を徹底的に練習することにしました。

 

アプリなどを使わず、手打ちでスマホのメモ帳に経費を入力する。

スマホの待ち受け画像を数字にする。

(アプリは起動が面倒で挫折する。あえて手動で計算することで脳への刷り込みを強める)

 

暇があれば眺めて確認し、脳に形成された、か細い「節約」という言葉へのシナップス??を太く強くする(適当です)。

 

 

絶対に続かないと思っていたのに、

節約が自分の人生でやった大きな趣味の一つと言えるほどの習慣にすることができました。

 

今までやって長く続けた趣味もそういえば、特に興味もなかったのに天啓のような形で突然感ずるところがあってはじめたのです。

これは人生の節目に仕掛けられた運命なのではないか?

とさえ。

 

 

ということで1周年記念に、貯めた楽天ポイントで弁当箱買ったよん。

無理せず週に1回くらいからはじめるつもりp( `o´ )q 

item.rakuten.co.jp

 

しっかし会社に弁当なんか人生で未経験だぜ。

「週1..レベル低」とか、「私なんか毎日家族の弁当..」と笑うなかれ、

 

食堂があったり会社が弁当頼んでくれてたのもあるが、

基本は「ランチは美味しいもの食べたいじゃん」的なブルジョア思考だったのだ。

マルクスごめんm(_ _)m

今の視点から見ると「この賃金労働者が、何がランチだよww」ってなるけどね。

 

更に今の現場は雑居ビルなんでコンビニ飯なんです。

最近のチェーン店外食って諸物価の値上がりを品質低下と少量化で誤魔化す「高い、不味い、少ない」じゃん。

 

 

何を持っていくのが経済的かと「弁当」で検索すると、インスタ映え弁当とか自慢できるとか、弁当男子の女子モテとか、周囲を気にしたのが多いですね。

もー違うんだよ((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・グハッ!!

 

こっちは節約が目的なんだからさ、

ご飯詰めて、さば缶でも持っていくつもり。

item.rakuten.co.jp

 

 弁当米はこれ?不味そうなのはやりすぎかな。

item.rakuten.co.jp

 

 今の悩みはその辺りです。